会社ロゴイメージ   人と地球の未来を考え創造を提案する

                   有限会社 ビー・テップ  Be Think Environmental Problem

会社イメージ
 

水処理装置

ウォーターサポート

Water Support

   給排水管更生・延命が簡単に

     これからの「人と地球の未来を考える」ウォーターサポートです

ウォーターサポート ASシリーズ 設置例

大型設備で活躍中のウォーターサポート
大口径 ASE-V

ウォーターサポートの2大効果

給水設備

  ◆配管の更正・延命・改善

   赤サビ除去!還元効果の黒サビ化!


排水設備

  ◆油固着防止、ヌメリ・詰り・悪臭軽減

   尿石除去!



独自の還元効果

ウォーターサポートは給水管にコイルを11巻し変換器によって変調された微弱電流を与えて発生する磁界および電界エネルギーを用いて水にマイナス帯電を与えて小粒子結晶化させる事で配管の更正・延命を簡単にしました。地球の環境改善に役立つ、画期的な水処理装置です。

スケール付着・成長のメカニズム

 

スケール付着・成長防止のメカニズム

負に帯電する配管内壁に対し、過飽和によって析出したスケール結晶は正に帯電し易く、電気的引力作用によってスケール付着を生じます。また、この付着は、配管内壁の凹凸が激しい筒所得局部的スケール付着を生じ、スケール成分中の主陽イオン濃度が過多である程、スケールの成長性が増す事になります。 ウォーターサポート処理された水中において、過飽和条件で析出するスケール結晶体はイオン結合力が増し、単結晶化(小粒子結晶)した形となります。この場合、スケール結晶は電気的中性に近づき、小粒子化が進むに従って、負に帯電します。よって負に帯電する配管内壁との電気的斥力作用によってスケール付着防止が可能となります。また、スケール結晶体間との斥力による反発性によって、成長性も防止されるものです。
スケール付着のメカニズム|未処理 スケール付着のメカニズム|処理後

未処理

 

ウォーターサポート処理


ウォーターサポートの実績例

硬い赤サビが短期間(3〜5ヶ月)で軟化!


ウォーターサポート設置後|ストレーナーの写真   ウォーターサポート設置前の写真 ウォーターサポート設置後3ヶ月の写真A   ウォーターサポート設置後3ヶ月の写真B
ストレーナー部に付着していたサビがWS*1効果により軟化、軽くこするだけで簡単に除去出来る。   薬品使用中の熱交内部の様子
白く硬いスケールが付着し熱効率が悪く製造不良が発生するためメンテ費用の増加を招いている。
WS*1処理3ヶ月で白く硬いスケールがヘドロ状に軟化。「完全無薬注」しかも水だけで付着物が洗い流せ、以降トラブルも無く大幅にコストが削減された


ヘアーキャッチャーにおけるWS*1効果!

 

   ろ過フィルターにおけるWS*1効果!

ウォーターサポート設置前|ヘアーキャッチャーの写真 ウォーターサポート設置後|ヘアーキャッチャーの写真   ウォーターサポート設置前|ろ過フィルターの写真 ウォーターサポート設置後|ろ過フィルターの写真
メッシュ部に油分の付着があり目詰まりを起こし流れが悪い。ヌル・ヌメリが多く悪臭も強い。 油分・汚れ・詰りが全く無く毛髪のみ捕集されメッシュ部も非常に綺麗である。 高価なセラミックポールを導入中であるが、ヌル・ヌメリが取れず目詰まりが早く悪臭も強い。 フィルターの延命が可能となりハウジング内も非常に綺麗になった。悪臭は全く無い。


 ろ材におけるWS*1効果!  

 

トイレ尿石におけるWS*1効果!

ウォーターサポート設置前|ろ材の写真 ウォーターサポート設置後|ろ材の写真   ウォーターサポート設置前|便器尿石の写真 ウォーターサポート設置後|便器尿石の写真
砂ろ過器のろ過は油分等で固まり逆洗できず、ろ過能力が低下。交換費用の増加を招いていた。 固まっていたろ過がWS*1処理約4ヶ月で軟化し、ろ過性能を回復。コストの削減に大きく貢献。 悪臭をはなつ尿石。非常に硬く薬品を使用しないと取れない。 硬い尿石は軟化し、簡単に除去できる。悪臭もない。

   *1 WSとは、ウォーターサポートの略です。


よみがえった閉塞50%の工業用水配管


実機設置時 設置後3ヶ月 設置後効果例 設置後6ヶ月 設置後12ヶ月
ウォーターサポート設置前の写真 ウォーターサポート設置3ヶ月後の写真 ウォーターサポート設置後効果の写真 ウォーターサポート設置後6ヶ月の写真 ウォーターサポート設置後12ヶ月の写真
給水配管内部 付着堆積錆コブの変化 錆コブの軟化 広がった配管 よみがえった配管
内面全週に錆コブ付着
閉塞度約50%
堆積物が減少しはじめ
配管の 黒サビ化が確認
できる
錆コブは手で簡単に
つぶす事が出来る
ヘドロ状に流れ出た錆
付着量は20%まで減少
した
配管交換する事なく
使用可能となった